アンチエイジングのケア

温泉は若返り効果もあります

普段から、ほうれい線が目立たないよう筋肉を動かし、表情筋を鍛えてあげると効果が。

  1. メールで相談する
  2. カウンセリング予約をする

エイジングケア
アンチエイジング効果満載の温泉

全国各地で人気のある温泉ですが、もちろんアンチエイジングにも欠かせません!!
体の老廃物を排泄する作用や、血行促進につながら温熱効果、発汗作用、利尿作用など身体に良いことづくしです。
中でも特に気になるのが、温泉の成分~薬理効果ですね。

温泉の中でも医学的に薬理効果のある温泉水のことを"療養泉"といいます。

その泉質は大きく9つに分類されますが、どのような特徴があるのでしょうか?

・単純温泉
高齢者向け。無色透明、無臭。刺激が弱いため入りやすい。
・二酸化炭素泉(炭酸泉)
炭酸ガス小気泡が立つ泡の湯。低温で保温効果が強い。
高血圧症、動脈硬化、筋・関節痛、冷え性などによい。
・炭酸水素塩泉(重曹泉、重炭酸土類泉)
低温で、肌がなめらかになり、清涼感がある。
痛風や高血糖、胆石や慢性消化器疾患によい。
・塩化物泉(食塩泉)
高齢者向きの高温の湯。
筋・関節痛、打撲、冷え性、慢性婦人疾患、病後回復などによい。
・硫酸塩泉(石膏泉・芒硝泉・苦味泉)
石膏泉は入浴と飲泉で高血圧、動脈硬化、糖尿病、慢性皮膚病、筋・関節痛によい。
芒硝泉は高血圧、動脈硬化、外傷によく、入浴と飲泉で胆石、便秘、糖尿病、痛風によい。
苦味泉は石膏泉、芒硝泉と同じ。
・含鉄泉・銅泉(鉄泉)
湧き出したときは無色透明だが、空気に触れると褐色に変わる。
月経困難症や筋・関節痛、更年期障害、慢性皮膚病によい。
・硫黄泉
刺激が強い泉質。硫化水素ガスの匂いが特有。
高血圧や動脈硬化、慢性皮膚病、慢性婦人病、筋・関節痛、痔などによい。
・酸性泉
肌にしみる強い刺激があり、肌の弱い人は浴後に真湯で流したほうがよい。
慢性皮膚病や慢性婦人病、月経障害、筋・関節痛、糖尿病によい。
・放射能泉
尿酸を尿から出すため、痛風の湯ともいう。(温泉中に含まれる放射能は、気体で湧き出した後に空気中に散るので心配はない。)
高血圧や動脈硬化、慢性皮膚病、慢性婦人病によい。

※高血圧症や心臓に不安をもっている場合は、主治医の指示を仰いでください。

  • メール相談やカウンセリングをご検討の方